2013年03月23日

ミニスカ代行業なんてどう?(自動車運転代行業)


代行業を営むには”自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律”なんてものも有るのでいろいろ大変とは思いますがそれはさておき、単純にアイディアだけを書き留めておくことにします。

自動車運転代行業とは
業務は2人1組で車(随伴車)1台を用いて行なわれる。まず、飲酒などの理由で自動車が運転できなくなった者(顧客)から依頼を受け、待ち合わせ場所(居酒屋・飲食店など)に2人で随伴車で向かう。そこで、顧客車のキーを預かる(ただし、繁華街等では店の傍に駐車場が無いことも少なくないため、もし顧客車が遠くに駐車している場合には、さらに随伴車でそこへ向かう)。2人のうちの1人は顧客車を運転し、顧客や顧客車の搭乗者もこちらの車に乗せて、目的地まで移動する。もう1人は、随伴車で目的地まで随行する。目的地に着いたら、顧客に車を返し料金を受け取る。そして、2人で随伴車で営業所に戻る。”
※Wikipediaから

考えとしては顧客車を運転する担当者をミニスカのお色気むんむんの女性にさせるだけです。! 基本的に料金も標準的な金額に設定します。飲み屋さんでいい気分になったお客さんに沢山の代行業者の中から“どの代行業者に依頼しますか?”と聞いたとします。たぶん女性同伴のお客は別としても男性同士のお客ならまず勢いで“ミニスカ代行!!”と叫ぶに違いありません。また中にはこんな人も?? “もちろん風俗ではないのでお触りはご法度です” 酔いも回っていい感じ!隣ではお色気むんむんのミニスカ女性が運転しています。いけないと解かっていても思わず勢いで手が出てしまった!!ってこともあるかもしれません?? このような事をけん制する為にこんな説明文を付け足します“等業務は風俗ではありません。直接運転手に触れないでください! もし破った場合は罰金?違約金?反則金?として金1万円をお支払いいただきます”てな感じ!  でも裏を返すと触っても1万円支払えば済んでしまう!という理屈になってしまう!  反則金は女性に迷惑料として支払うことにする。(女性はこっちの稼ぎのほうがいいかも?)
こんな感じで営業できたら爆発的に仕事が増えるのではないでしょうか?独占!
そのうち皆が同様な形態に変更し、いずれ面白味が薄れていくでしょう。
なんでも道を切り開く人、最初にする人が大儲けをするようになっているんですよ
そのうちやってみようと思ってます。 自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律をざーと確認したところ大丈夫そうでした!!
posted by 未来の親父 at 12:01| Comment(0) | 覚書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。